通販で買えるアトピカの正しい安全な使い方・注意点・副作用について

\90秒で注文完了/アトピカの購入はこちら
ペットのイメージ大切なペット、犬猫の体には皮膚炎のリスクが高く潜んでいます。

主にアレルギー性皮膚炎といわれるその症状を治療するには、治療薬を使って徐々に改善を目指すのが最も効果的な治療方法だと考えられています。

そこで処方が広がるようになった治療薬の1つが、アトピカです。

アトピカは有効成分にステロイド剤を含まないので、ステロイド剤で引き起こされがちな吐き気などの副作用が現れにくくなっています。

ステロイド剤で体調を崩しやすい体質のペットでも、アトピカなら安心して使用できるので、皮膚炎治療の可能性を広げてくれる薬ともいえます。

 

通販で買えるアトピカの使い方と注意点・副作用について知っておこう

ペットと家族犬や猫の体は人間と比較しても小さいことが多く、薬品や治療法による影響を敏感に感じとる傾向にあります。

そのため、ペットには人間以上に体に配慮した治療方法が必要なのです。

有効成分のシクロスポリンのみで作られたアトピカは、ペットにとって比較的に安全な治療薬といえます。

しかし、アトピカはれっきとした医薬品なので、用法用量は守らなければいけません。

いくらアトピカが安全だとしても、使い方を間違えてしまうと一気に危険物となってしまうこともあるのです。

アトピカをペットに使うときは用法用量に注意して、気になることがあれば獣医師に確認をとるようにしましょう。

犬用アトピカの使い方

犬用アトピカはカプセルタイプです。

服用は1日1回、食餌から2時間以上経過したタイミングで投与します。

投与した後は、2時間以上食事を与えないようにしてください。

このような方法で、アトピカの投与を4週間続けましょう。

4週間連続で投与して症状が改善していれば、服用するペースを週2回まで減らせるようになります。

ただし、8週間以上続けて投与するのは避けてください。

もし飲み忘れた場合はすぐに飲むようにしますが、1日に2回投与しないでください。

また、投与する時カプセルは噛み砕かれないように注意しましょう。

 

犬用アトピカのカプセルは1カプセルあたり10mg・25mg・50mg・100mgの4タイプが作られており、犬の体重に合わせて適切な分量があります。

主に、体重1kgあたり成分量5mgが目安と定められています。

愛犬にアトピカを使用するときは、次の目安を参考にしてください。

体重2~3kg未満:10mg×1カプセル

体重3~4kg未満:10mg×2カプセル

体重4~8kg未満:25mg×1カプセル

体重8~15kg未満:50mg×1カプセル

体重15~29kg未満:100mg×1カプセル

体重29~35kg未満:50mg×1カプセルと100mg×1カプセル

体重36~55kg未満:100mg×2カプセル

猫用アトピカの使い方

ペットと家族猫用アトピカは液体状の内服薬タイプです。

服用は1日1回、薬液を餌に混ぜて与えるか、シリンジを使って直接投与するか、どちらかの方法で投与してください。

この投与を4週間続けましょう。

4週間連続で投与して症状が改善していれば、服用するペースを週2回まで減らせるようになります。

ただし、8週間以上続けて投与するのは避けてください。

 

猫用アトピカの内服薬は5mLと17mLの2タイプが作られており、猫の体重に合わせて適切な成分量を投与しなければいけません。

主に、体重1kgあたり成分量7mg(0.07mL)が目安と定められています。

愛猫にアトピカを投与するときは、この成分量を参考にしてください。

アトピカを使う時の注意点

アトピカの画像ペットの体にとっての安全性を守るためにも、アトピカの使用上での注意点や禁止されていることについては特に気をつけましょう。

アトピカを使用できない対象

犬猫以外の動物(犬用は犬にだけ、猫用は猫にだけ)

生後6ヶ月以内の子犬、子猫

体重が2kg未満の犬、1.5kg以内の猫

悪性腫瘍の病歴がある、または可能性がある犬猫

妊娠中また授乳中の母犬、母猫

糖尿病の可能性がある犬猫

猫白血病ウイルスFeLVまた猫免疫不全ウイルスFIVに感染している猫

アトピカを使って現れる可能性がある副作用

アトピカは安全な成分で作られていますが、それでも副作用の可能性は0ではありません。

副作用として、次のような症状が報告されています。

・嘔吐

・食欲不振

・軟便、下痢

・倦怠感

・体重減少

・元気喪失

副作用の症状が重く現れたり、なかなか症状が回復しない場合は動物病院で診察を受けるようにしましょう。

アトピカの購入はこちら

タイトルとURLをコピーしました